ハードウェア関連

ハードウェア/電子回路の基礎

PCや電子製品、工業装置を動かす要素は、大きく分けてハードウェア(機械や電子部品)とソフトウェア(プログラム)に分けられます。

近年のハードウェアはプログラマブルロジックと言って、IC内部の動作を書き換え可能なデバイスがあります。
それをFPGAやPLDと呼びます。

一方、それ以外のハードウェアは、様々な電子部品や基板、コネクタや電線、モータやスイッチ、ハンドルやペダルと多岐に及びます。

ここでは、電子工作や身の回りの電子製品を賢く使うため、基礎に触れてみましょう。

電子回路の基礎

ハードウェアの基礎

その他

 

使用ハードウェア

ポケットビーグル:PocketBeagle

Linuxもリアルタイムもおまかせ。ラズパイZeroとの違いがポイント。

アルマジロ:Armadillo-IoT G3 / G3L

量産対応可能で実力も十分なIoTデバイス。

ラズベリーパイ:Raspberry Pi 3 モデルB

Linuxをはじめとして多くのOSがサポートするコストパフォーマンスに優れた手のひらサイズのボード。

TI ARMボード:AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X)

TIのAM5728搭載CPUボードにLCDタッチパネルモニタやI/Fを搭載したボードが付いた評価キット。

 

photo Raspberry PI 3

ラズベリーパイ3

photo RaspberryPI3 box

ラズベリーパイ3 RS正規品

photo box AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X)

AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X):大きさの違いが際立ちます

photo bottom 2 TI ARMボード:AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X)

TI ARMボード:AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X) bottom 2