名刺にUSBケーブルを挿して…どうする!?

展示会や教室で配布した「基板で作った名刺」ですが、部品を載せればちゃんと動きます。

見た目のインパクトも好評でしたが、やっぱり動くところがポイント。

オモテは名刺、ウラは電子回路です。

左上部分の回路はUSB無線回路。
下部分の回路はLED回路。

LED回路

LED回路は、モータドライバを10個並べただけなのですが、ロゴの上にボタン電池(CR2016など)を置いて、
下の方の端子をコインなどでこすると、LEDがピロピロ光ります。

…単純で申し訳ない。

でも、なんかクセになるんですよ。

載せる部品はこんな感じです。

部品番号 部品名 メーカ 購入サイト
LED1,11,21,,,91 SML-D12U1/M1 ROHM marutsu
Q1,11,21,,,,91 BSS214NW infineon digikey
R8,11,21,,,91 2k~10kΩ 各メーカ marutsu
R9,12,22,,,92 2k~10kΩ 各メーカ marutsu
R10,13,23,,,93 100~560Ω 各メーカ marutsu
C1,2,3,4 GRM188R61E106 Murata marutsu
ボタン電池 CR2016やCR2032 各メーカ marutsu

組み込み系プログラミング教室の番外で子供たちに使ってもらおうかな?

全部載せるのは時間かかるけど、1ブロックだけなら練習には丁度良いと思う。

USB無線回路

USB無線回路は、以下の部品を載せると、他の基板(TWE-LITE対応品)と無線通信できます。

MONO-WIRELESS のツールを使って自作プログラムに書き換えることもできます。

半田付けが難しいので上級者向けですね。


部品番号 部品名 メーカ 購入サイト
U1 TWE-L(TWE-001L) MONO-WIRELESS marutsu
U2 FT230XS FTDI marutsu
R1,2,3,7,16,17 各メーカ marutsu
R14,15 27Ω 各メーカ marutsu
C5,8 10nF(0.01uF) 各メーカ marutsu
C6,9 100nF(0.1uF) 各メーカ marutsu
C7 GRM188R61E106 Murata marutsu
C10,11 47pF 各メーカ marutsu
L1 BLM18PG600SN Murata marutsu
J2 614105150721 WURTH ELEKTRONIK marutsu

購入サイトはできるだけまとめましたが、一部は秋月電子やAmazonでも入手できます。


秋月電子 USBシリアル変換IC FT230XS

 
 

ばらばらに購入すると高くつきますねぇ。
抵抗部品(R〇〇)などは、「SMD」「0603」などのセットものをまとめ買いした方が良いかもしれません。
SMDとは、表面実装するタイプの部品のことです。
0603はサイズです。0.06インチ×0.03インチ(約1.6mm×0.8mm)だから0603。
国内ではメートル法で1608(1.6mm×0.8mm)と記載したりするので、ややこしいんですよね。



「PC → 名刺 → (無線) → 名刺 → 何か」という具合に無線でつながるので便利です。

1つでは役に立ちませんが。

…当たり前だけど。

おもしろい使い方を募集中。

TWE-LITEはIoT向けのアプリが充実してますが、シリアル通信の無線化にも便利ですね。

シリアル通信に完全に特化したアプリを作り、自作装置のデバッグに使用中です。

この無線の先に繋がってるのは…

そう、展示会に出したアレです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です