ハイパフォーマンスなLinuxボードセット TI AM572x評価モジュール

テストや設計に TIのARMボードを使用しています

TIはSDK(SoftweaDevelopmentKit)としてRTOS(RealTimeOS)とLinux, RT(RealTime)版Linux, Androidの4種類を用意してます。

比較的頻繁にメンテナンス/アップデートが実施され、3ヶ月に1回マイナーアップデート、1年に1回メジャーアップデートが行われています。

TIは様々なCPUをリリースしていますが、共通化のレベルも高い様子ですので、CPUが変わっても、かなり高いレートでソースの流用が可能でしょう。

現在ハイエンドなAM5728のボード(AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X))を使っていますので、ローコストタイプのボードへの移植性や性能比較も試してみたいですね。

photo TI ARMボード:AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X)

TI ARMボード:写真はCameraモジュール付き

photo bottom TI ARMボード:AM572x評価モジュール (TMDSEVM572X)

TI ARMボード:裏にCPUボードが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です