まず、電源回りを確認

タコ足配線は大変危険です

なんて一度は目にしたことはあるでしょう。

しかし、本当に危険だということを認識して、ちゃんと注意を払っている人は、そう多くはないように感じます。

本当に危険なんです。たこ足配線は。

大物を2~3台繋いだだけで…溶けます。

ACコードが!

業務用のごついやつだったのに!!

ACは危ないのです。電圧というよりも電流がやばいのです。
電圧はびりびり電流はびくんびくんです。
想像してみてください。体中の電子が大電流という洪水に巻き込まれたら…
危ないに決まってますね。

大きくてファンが轟々と鳴っている大物が電気を食ってるのは言われなくてもわかることですが、
特に熱をコントロールする家電は思いの他、電気を食います。
ACタップの使用が禁じられているのに気付いてますか?

ACタップやコンセントに1500Wとか1.5Aまでとか書かれているのに気付いてますか?
気づいてるのに危険は無いだろうと無視してませんか?

使用年数があっという間に数年、十数年と経っているというのも問題です。
怖くなって交換しようと、家電量販店で新品を見ていたら、3年で買い換えろとか注意書きが書いてある。
無視したくなりましたが、これが大真面目なのです。

1500W目一杯使うと熱を持ちます。ちょっと接触が悪いと、やけどするレベルまで発熱します。
そんな状態で使ってたら、3年も持つのか、はなはだ疑問です。

短時間では溶けるケースが多いかもしれませんが、長期間になると変質したり、ぼろぼろにひび割れたりするそうです。

テレビの裏の配線大丈夫ですか?
そこから電子レンジや暖房器に配線したりしてませんか?

私は変えました。
運の悪い人の話ではなく自分の話ですよ?

コンセントから遠い場合、やむなく延長コードやACタップを使っているかも知れませんが、
せめてタコ足にせずコンセントから電熱機器までを一本にしてください。

そうそう、電子工作で半田ゴテ使うときも、忘れずに。

 

photo ACケーブルタップの注意書き

ACケーブルタップの注意書き

ACケーブルタップの注意書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です